仕込み水について

  • HOME
  • 仕込み水について
仕込み水について

酒造りをする酒蔵にとって無くてはならないものは「水」です。

日本酒の約8割を占める水。味はもちろんのことその量も重要です。

仕込み水について

水は、酒造りではお酒に使用するだけでなく、蔵の床から使う道具にいたるまで全てのものを洗い、清潔に保つため、大量の水が欠かせません。

そのため各酒蔵には自家井戸があります。松の花の蔵の周辺には、平成の名水百選にも選ばれた「針江の生水」があり、湧き水豊富な地帯にあります。

仕込み水について
酒蔵では見学の際に仕込み水を持ち帰れるように
500mlペットボトル容器(60円)を用意しています。

日本酒造りに使用する水には、さらに厳しい条件があります。

鉄やマンガン、アンモニア、有機物、細菌など様々な項目で検査をクリアして、ようやく仕込み水として使用できます。